「エネルギー満タンで増量に打ち込む方法」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「筋トレしてますアピール」は無駄にしないこと


「今月からジムに入会しました!」

「来月からバルクアップします!」

「昨日の筋トレで、腕が筋肉痛です(>_<)」


Facebookやツイッターを見ていると、
タイムラインで、そのようにつぶやいている人を見かけます。


鍛えてますアピールをしている人。

カラダ変えます宣言をしている人。


中には、上半身裸の写真をアップさせている人もいます。


あなたの友達にも、そのような投稿を載せている人がいるかもしれません。


つられて、あなたも同じように、
「筋トレしてますアピール」をしたくなるかもしれません。



でも、
本気で見違えるほどのカラダを作りたいのなら、

あなたが、マジで肉体改造に取り組み、
周りを驚かせるほどの変貌を遂げたいのであれば、

今、投稿するのはやめておいたほうがいいです。


Facebookやツイッターに投稿するなら、
「見違えるようなカラダを作ってから」にしたほうがいいです。



というのも、
今投稿すると、エネルギーが失せてしまいかねないからです。


肉体改造を始めたばかりの段階で、
「ジムに入会しました!」と投稿したとします。


友人はこぞって「いいね!」ボタンを押してくれるでしょう。


「いいね!」をもらえれば嬉しい。


そこで、認められた気になるんです。

「よし、みんな俺の意気込みをわかってくれてる」と。


で、なんとなく満足感を得てしまうんです。


満足感を得てモチベーションが上がるのか?

…といえば、逆です。

満足感を得てしまったおかげで、エネルギーが失せていきます。

モチベーションは下がっていくものです。


周りに知らせないほうが継続する

新しく取り組み始めた活動。

夢や目標。

「これに賭けるんだ」と日々頑張っている物事。


そういったものは、むやみやたらに知らせないほうがいいです。

周りに知らせないほうが、エネルギーは高まります。


これに関しては、明治大学文学部教授の齋藤孝さんも、作家・ゲーテの言葉を引用し、次のように言っています。


「『私の常として、すべてを静かに胸にしまって、完成されるまで誰にも知らせない』(ゲーテの言葉)

自分のいちばん大切なものをみだりに話してしまうと、日常と地続きになってしまい、聖域という感覚は失われる。
それに伴い、意欲も薄められてしまうものだ。

『胸にしまっておけ』とゲーテが言うのは、
個々の思索の具体的プランをあれこれ話すべきではないというより、その人の魂にとって大事なことをむやみにしやべるなという意味だろう。

語らず心にしまっておくことで、エネルギーは満ちてくるものだ、と賢者たちは教えている」

→齋藤孝著『座右のゲーテ』光文社新書



完成されるまで、誰にも知らせない…


肉体改造において「完成」というのはありませんが、
ゲーテの言う完成は、「見違えるほどのカラダ」と置き換えることができます。


よって、次のように置き換えることができます。

「胸にしまっておいて、見違えるほどのカラダとなるまで誰にも知らせない」



人って、どうしても知らせなくなるものです。


たとえば、釣りで大きな魚が釣れたとき。


以前、私は釣り好きの人と同じ職場で働いていたことがあります。

その人は毎週末、海や川へ釣りに行っていました。


月曜日は恒例のように、釣った魚の画像を見せてくるんです。
本人のほうから。

これ見よがしに。

「どうだ、すごいだろ」みたいな感じで。


別に、釣りに限ったことではないです。


何かの資格試験に合格した、

作った料理がうまくいった、

たまたま入ったラーメン屋さんがよかった、


大事な報告から、どうでもいい些細な日常…

ともかく、
みんなに知らせたくなるものです。


自分の能力を、

自分の頑張っていることを、

自分の行動を、


「認めてもらいたい」


「評価してもらいたい」



人はそう思いながら生きています。


偉そうに書いている私だってそうです。

Facebookでたまに、料理の画像載せて、
「こんなの作りました!」とか投稿してますから。


狙うは半年後のギャフン

だから、


筋トレを始めた…

俺は頑張ってる…

画像アップしようかな…


「どうしても知らせたくなる」

その前提に立った上で、踏みとどまることです。


今は黙っておくようにする。


今は黙っておき、

「半年後には驚かせてみせる」

「半年後には豹変した姿となる」


と思考をチェンジすること。


今、タイムライン上で「いいね!」をもらうのではなく、

いつか半年後、1年後に直接会ったとき、
相手のほうから話題を振らせるくらいにもっていく。


「すげーじゃん、どうしたの腕太くなって?」

「なんでそんな胸板厚くなったんだよ?」


アイツをギャフンと言わせてやる、と。

そのほうが、エネルギーを逃がさず満タンで肉体改造に打ち込むようになれます。

そのほうが、今のやる気につながります。


今「いいね!」をもらうのはたやすいこと。

狙うは、「半年後のギャフン」です。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


【参考文献】





筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク