「背筋を伸ばすだけで強い男に見える」


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

広い空間→存在感


筋トレを始めるきっかけの一つに、

「強くなりたい」というものがありますよね。


肉体的にも、精神的にも。


「強くなりたい」と同時に、
周りから「強い人に見られたい」感覚もあると思います。


筋トレを始めて数か月経つと、
徐々に筋肥大してきて、なんとなく「強くなったかな」と実感できる時期が来ます。


自分の二の腕とか触りながら、
「よしよし」などと筋肉の張り具合を確かめたり。


本人はニヤけ気味に、
「強さを獲得できた」と思っている。


しかし「ある部分」をなおざりにしていると、
あなたは周りから強い男には見られなくなります。


「ある部分」とは?



姿勢です



立っているときの姿勢。

座っているときの姿勢。


背中が曲がっていたり、
ふんぞり返って座っていたりすると、
筋肥大したカラダの魅力も半減してしまいます。


逆に言えば、

筋量はまだまだでも、
背筋が伸びていて綺麗な姿勢を保っていれば、それだけで「いいカラダ」に見えます。

あなたのイメージアップになります。


背筋を伸ばすだけで自信や風格が醸し出され、「強い男」のオーラが放たれるようになります。


また、美しくもありますよね。

モデルの人を想像してもらえればわかると思います。


姿勢が良いと「凛とした印象」に映ります。



わかりやすい例えでいえば、クジャクです。

クジャクがピーンと羽を伸ばしているときの姿。


indian_peafowl001


壮観ですよね。

まさに、クジャクとしての存在感を発揮しているのが羽を伸ばした時です。


縮こまっているよりは、開いている方が美しい。

縮こまっているよりは、開いているほうが存在感を発揮する。


それは、
「より空間を大きく使うから」と言えます。


空間を広く使うものほど、頼りがいや強さを感じさせる。


このことに関して、
アメリカのスピーチコンサルタント、ジョン・ネフィンジャーも次のように説明しています。


「空間を支配することは『強さ』を感じさせる行為です。

空間の使い方を見れば、その人がどれだけ『強さ』を発揮しているかがわかります」

→ジョン・ネフィンジャー著『人の心を一瞬でつかむ方法』あさ出版


背筋を伸ばすことで、
わずかなりとも空間を広く占領することになります。


この「わずかな空間」が、
見た目的な「大きな存在感」を産み出すのです。


気持ちも引き締まる

また、背筋を伸ばすことは、
感情にも影響を及ぼします。


身体に軸ができて、ブれにくくなるのと同時に、
心にも軸ができて、ブれにくくなります。


背筋を伸ばして胸を張る。


シャキッとしますよね。

清々しくもあります。


「ビシッとした人であろう」とするものです。

「デキる男であろう」と自然と意識が働くものです。


ここもポイントです。


「ビシッとしているから背筋が伸びる」のではありません。


「背筋が伸びるからビシッとする」のです。


姿勢が先。

気持ちが後。


これは、笑うときにも言えます。


表情が先。

気持ちが後。


たとえば、お笑い番組を観ていて、

「この芸人、どこが面白いの?」

と観るのではなく、先に笑ってみる。

とりあえず笑顔になって面白がる。


すると、なんだか面白くなってくるものです。

「楽しい」という感情がついてくるものです。


『幸福論』で有名なフランスの哲学者・アランもこんなことを言っていました。

「人は幸福だから笑うのではない。笑うから幸福になるのだ」


先に背筋を伸ばすことで、
心身ともに安定した強い男になるのです。



今この文章を読んでいる最中、意識してみてください。


胸を張り、肩甲骨をよせる。

軽くアゴを引く。

肩の力は抜いてリラックスしましょう。



あと、
姿勢を意識するタイミングでちょうどいいのは、筋トレ中のインターバルです。


ジムの中は、いたるところに鏡が張り巡らされてますよね。

だから姿勢をチェックするにはちょうどいい空間です。


インターバル中、
足を組んで、背中を丸めて座っていてはいけません。

立ち上がって姿勢をチェックしたり、
ダイナミックストレッチをやったりするほうが、よほど良いインターバルの使い方になります。


よりデカく見える

以前私はメルマガで、
「いくらマッチョになっても清潔感がないとカッコよくは見られない」
と伝えたことがあります。


姿勢に関しても同じです。

いくらマッチョになっても、
背筋が曲がっていると、鍛え上げられたカラダの魅力は半減してしまいます。


ぜひ、普段

立っているとき、
座っているとき、

食事しているとき、
歩いているとき、

トレーニング中のインターバルで。


背筋を伸ばすように意識してみてください。


あなたから醸し出されるムードが変わりますから。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


【参考文献】





筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク