「結果を急いでしまうときの対処」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

才能のなさを感じることはある


焦ってしまうときってないですか?


たとえば、友人と同じ時期にジムに入会した。

同じ時期に肉体改造を始めた。


2人ともひょろっこいカラダ。

2人とも最初、
ベンチプレスは40キロでいっぱいいっぱいでした。


半年後、

友人のほうは、順調に筋肥大していった。

扱うバーベルの重量も増えていっている。

ベンチは90キロまで挙がるようになりました。


対して自分のほうは、始める前と大して変わっていない。

相変わらずカラダはショボいまま。


ベンチも65キロで停滞している。


決して、トレーニングをサボっているわけではない。

でも、思うように結果がついてこない。



肉体改造に限った話ではありません。

仕事でもそう。


個人的な成果がなかなか出てこない。

営業成績が伸びてこない。


同期に入社した人間に置いていかれている。

ついには、後輩にも追い抜かれてしまった。


恋愛なんかでもそう。


「彼女を作ろう」
と、強い決意をもってネットの商材を買って実践した。


サイトやSNSなどを使って、メッセージをたくさん送っても、ほとんど返事が来ない。

実際に会える見込みも感じられない。


「なんで自分だけ彼女ができないんだ」と。



なんで自分だけが…



肉体改造や日常生活で、
ついつい他人と比較して、

「俺って才能ないのかな?」

と、劣等感にさいなまれることがあるかもしれません。


「頑張っても結果がついてこない」ことに焦りを感じるかもしれません。



焦る気持ちに耐えられなくなり、

「何か効果的なサプリメントはないか?」

「効率の良いトレーニングはないか?」

と気持ちが、傾いていくことも考えられます。


『魔法のトレーニング法』

『劇的に変わる!』

『たった1か月で理想のBODYに!』


そのように、
即効性を謳った商品に目がくらんだりすることも考えられます。


もしくは、
いい加減、嫌になって投げ出してしまう。

自らゲームオーバーの選択をとってしまう。


焦ってくると、現状から逃れたくなってしまうんですよね。


結果を早急に求めるか、
嫌になって諦めるかして。

ともかく、宙ぶらりんな状態が耐えられなくなる。


5gatubyou


そこで、どうしたらいいのか?


人間の営みは時間とともに価値が増す

ひとまず、
「焦ってしまうのは仕方がない」と捉えることです。


焦っている自分を認識し、受け入れること。


そして、
目の前のことを淡々とこなしていくことです。


もちろん、
うまくいっている人のやり方を真似たり、
今までのやり方をいじったりしてみるのもいいでしょう。

工夫して取り組むのも対処の一つかと思われます。


工夫や変化も対処法の一つですが、
結局、決め手となるのは、

地味な作業をどれだけ継続できるか

これにかかってきます。


ジムに行く準備をする。

バーベルを1レップ1レップ上げ下げする。

プロテインを飲む。



こうした「基本的な反復作業」をどれだけ継続できるかにかかってきます。



最近、投資家の藤野英人さんが書いた本を読んだのですが、
投資の世界でも、やはり「着実に進めること」が大事なのだそうです。


藤野さん曰く、
「結果を急いで売買を繰り返したら、絶対に増やせない」


早く儲けたい…
その気持ちが、仇となるということです。


「子どもの成長と同じで、
時間をかけて、長くゆっくり、
慈しみをもって、投資した会社を見守る」


それが投資における重要な心構えであると、藤野さんは語っています。


さらに、藤野さんはこうも言っています。


「人間の営みは、時間とともに価値が増す」




今日行ったトレーニングで、
すぐにカラダが変わるわけではありません。


1レップ1レップの動作で、明日すぐに見違えるほど筋肥大するわけでもありません。


しかし、その地味な積み重ねが、
時間とともに価値を増していきます。


増量で、

仕事で、習い事で、

子育てで、恋愛で、

あなたも他人と比べて焦ることがあるかもしれません。


頑張っても結果がついてこない時期もあるでしょう。


そんなときは、
一旦焦る気持ちを受け入れること。

そして、目の前のことを淡々とこなしていくこと。


今日、淡々とこなした何のことない作業が、
時間とともに大きな価値をもってくるのです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



投資バカの思考法
藤野 英人
SBクリエイティブ
2015-09-11





筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク