「やる気は下がって当たり前」

ーーーーーーーーーーーーー

ほっとくとやる気は下がる

肉体改造は即効性よりも継続性が大事。


以前からこのブログで伝えていることです。


「どれだけ増量させるか」

ではなく、

「どれだけ続けていくことができるか」


長い目でみれば、
「継続」に焦点を当てるほうが重要となります。


増量を続けていくためには、
やる気の「性質」について知っておくとことです。



やる気の「性質」とは何か?


それは、

「ほっとくとやる気は下がっていく」


どれだけやる気を高めても、
どれだけハイテンションになっても、

その状態を維持できる人はなかなかいません。


しばらくすると、トーンダウンするもの。

放っておくと、やる気は下がっていくもの。


それが普通です。

大概の人はそうです。




人間にはホメオスタシスという機能があります。

ホメオスタシスとは、生体恒常性と言い換えることができます。


恒常性…

一定の状態を保とうとする機能ですね。


それまで続けてきた状態を維持しようとする機能です。


たとえば、
風邪をひいて熱が上がったら、
体は無意識的に平常時の体温に戻そうとします。


道端で転んでヒザを擦りむいたら、
体は無意識に傷口を修復させようとします。


体は、勝手に元通りにしようとするんです。


同じように、
あなたが何年何十年と維持してきた体形を、あなたは無意識的に保とうとします。


たとえ、一時的に「マッチョになる!」と決意し、
やる気を高めたとしても、ホメオスタシスが元のあなたの体形に戻そうとしてくるんです。


「ほっとくとやる気は下がる」


その裏には、人間に備わっている機能「恒常性」も関係しているのです。



私の場合は「絶対にプロレスラーになる!」
という強すぎる動機づけがあったので、
比較的高いやる気を維持し、カラダを変えてきました。


でも、私のようなケースは特殊です。

やる気の高い状態を維持できる人って、そうはいません。


一般社会で生活する上で、
「絶対にカラダを変えなければならない」
という強い動機づけってそうそうないですよね。


やる気を高めハイテンション、
1年間365日、松岡修造状態を維持し生活するってのは、なかなか難しいんじゃないかと。



そんなこんなで、
やる気が下がるのは当たり前の事象だってことです。



だから、

「今やる気がある状態」だとしても、
数週間後、数ヶ月後にはトーンダウンする可能性は大。

というか、トーンダウンして当たり前。


この「性質」を踏まえると、
やる気を高めるよりも大事なのは、

「やる気が下がり過ぎないようにすること」

だとわかるようになりますよね。


淡々と行動すること

筋肉は、筋トレを始めてすぐにつくものではありません。


自分では「おっ、デカくなってきたな~」
と思ったとしても、他人から見る分には大して変わっていません。


「アイツ、デカくなったよな~」

周囲にそう言わせるには、3か月~半年はかかるものです。



すぐに見た目が変わっていかないものだから、

「こんなことやってて意味あるのかよ」と感じる時が出てくると思います。


いつもジム行ってみっちり鍛えているのに、

いつもプロテイン飲んでいるのに、

いつも食いまくっているのに、


こんなに頑張っているのに、
なかなかデカくならない…


投げ出したくなるときは出てくると思うんです。



「別に無理してマッチョにならなくても…」

「わざわざジムに行ってキツい思いしなくても、
 家でスマホ片手にゲームやってるほうがいいよ」


投げ出したくなるとき、

最もやる気の下げ幅が落ちているとき、


ここで大事なのは、
淡々と行動する姿勢です。


「こんなことやってて意味あるのかよ」

意味あるなしは置いといて、
少しでいいと思って行動に移す。


「めんどくさい…」

と思いながらでも、淡々と動き出す。



ジムに行く前「めんどくさい」と思ったら、
「ベンチプレス1セットでいい」と思って動き出すことです。


ほんの少しの行動でいい。

淡々と行動し続ける。

淡々と。


実業家の山崎拓巳さんは、物事を継続させるコツを次のように表現しています。


「テンション高めの平常心を維持すること」



テンションを高める=やる気を高める。

それはそれでOK。


テンションを高めつつも、
平常心が基盤となれば、継続させやすいということです。


平常心=淡々とですよね。



というわけで、
行き詰まったとき、

「めんどくせぇ、筋トレなんて止めよっかな」と思ったとき。


そんなときは、

「おっ、やっぱりやる気って下がってくるもんなんだな」

「やっぱり波はあるもんなんだな」

そう淡々と受け入れることです。


「ほっとくとやる気は下がってくる」

それが普通なんだ、と平常心で受け止めることです。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



*参考文献




筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク