「やる気を深く刻み込む方法」

ーーーーーーーーーーーーーー

「絶対に10キロ増やす!」
と意気込んで始めた肉体改造。


固い決意で始めたものの、
やはり「壁」というものは出てきます。


「太る努力に疲れてきた」

「筋トレする意味も見出せなくなってきた」

といったように、壁に出くわせば、
やる気が萎えてきてもおかしくはありません。


そこで気持ちを奮い立たせるために、
筋トレの中級者・上級者などはよく、

「YouTubeの筋トレ動画を観る」という手を用います。


悪くはないと思います。

お気に入りのボディビルダー、筋トレユーチューバーの動画を観て気持ちを奮い立たせるのも悪くはないと思いますが、
私がよりオススメする方法を今から説明していきます。


私が勧める、やる気を深く刻み込む方法。


それは、

「ジムへ行って、そこで居合わせたトレーニーから刺激をもらう」


ジムで刺激をもらう


直接ジムへ行って、同じタイミングで居合わせた人、

顔見知り、知らない人、
特に区別はしなくていいです。


誰かが筋トレに励んでいる姿を見て、
「直に」やる気を体感する

「たまたまそこに居合わせたトレーニー」から意欲をもらう。


そのほうが、YouTubeなどのデジタル媒体に頼るより、深い刺激を得ることができます

あなたの中に「腑に落とす」ことができます



「そんなこと言ったって、
たまたま居合せた人が、メタボなおっさんだったらどうなるんだよ?

何の刺激が得られるんだよ?」

と思われるかもしれません。


確かに、
ジムで筋トレしている人って、いろんなタイプがいますよね。


メタボ対策で通っているサラリーマン。

筋トレが趣味で来ている一般男性。

シェイプアップを目指すOL。

スポーツの補強でトレーニングしている学生。


平日昼間であれば、
「健康増進のために」と、高齢者やオバちゃんの姿も見受けられます。


中にはあなたと同じ目的の人、
増量目的の人もいるでしょう。

「痩せ型のカラダがコンプレックスだけど、なんとかして変えていきたい」
といった雰囲気の人も、見受けられると思います。


目的は十人十色。

マッチョになりたい、体脂肪を落としたい、
健康管理、スポーツでのパフォーマンスアップ…

いろんなタイプの人が、
それぞれの目的に向かって筋トレに励んでいる。


目的は違えど、共通しているのは、

「向上心がある」

ということですよね。


たまたま居合せた人がメタボで、
外見的には「見習うべき点はない」としても、


「筋トレを価値あるものとして認識している」

「大切な時間を割いてジムへ通っている」



といった点は見習うことができますよね。


やはり多くの人は、生活の中で悩み・問題を抱えていると思うんです。


そんな中でも、自らの身体を気にかけ、
体形や体調を整えようとし、筋トレに励んでいる。

自分の不完全さを補おうとして、努力している。


そのようなフィルターを通して眺めてみれば、
何らかの刺激を受けることはできると思うんです。


たまたま、同じタイミングで出くわした人、誰でもいいです。
マッチョな人でも、冴えないオジサンでもいい、

生のトレーニーの、筋トレ風景からやる気を感じ取る。


その人の表情、息遣い、汗…

リアルな筋トレ風景を通して、直に意欲を感じ取る。


PCやスマホみたいに、液晶画面を通すより、
リアルに生のトレーニーから意欲を感じ取ったほうが効き目はある。

私はそう思います。


ライブは感情が動きやすい

「直接ジムへ行き、やる気を体感する」


言ってみれば「ライブ感覚」です。


何でもそうだと思いますが、
ライブのほうが「感情が動く」ものじゃないですか?


ミュージックビデオを観るより、
コンサートへ行ったほうが感動できますよね。


部屋で読書するより、
セミナーに行って、直接本人(著者)から手ほどきを受けたほうが、得たい知識をより腑に落とすことができるものです。


スポーツ観戦もそう。

テレビで野球観戦するより、
直接スタジアムへいったほうが熱狂できます。


「その場でしか味わえない感覚」
というものは、何にでもあるものです。



私は、20代前半でプロレスを一旦廃業し、
ニート生活を送っていたことがあります。


そのころは、
「働かなくてはいけない」と思うものの、
外へ出るのが、社会へ出るのが億劫で仕方ありませんでした。


そんなとき、
新聞のコラムか何かで知った現状脱却のためのアドバイス。


そのアドバイスとは、
「街へ出て、働いている人たちを観察すること」


スーパーで働いているレジ係、品出しの人たち、

ショッピングモールで働いている店員さん、掃除係の人、

駅で働いている駅員さん、売店スタッフ、

バスの運転手さん…


「街へ繰り出し、彼らの働く姿を見てみよう」というアドバイスです。


これは、
「彼らを見習いなさい」といった冷たい感じのものではなく、

「彼らの意欲を体感してきてごらん」という優しいメッセージだったと思います。


みんながみんな好きでやりたい仕事をしているわけではない。

でもそれぞれが、ひたむきに頑張っている。

社会生活の歯車となって、一生懸命仕事に精を出している。


で実際、街へ出て、
「そういった目で」働く人たちを観察してみました。

するとなんとなく、エネルギーが湧いてきたものです。

希望がにじみ出てきたのを覚えています。



今は、スマホでいろんなものが手に入る時代です。

さまざまな情報、日用品、音楽、
友だちや結婚相手までも。


最初に話したように、
「やる気」といった感情も、YouTubeなどコンテンツを通して手に入れることができます。


実に便利な世の中になりました。


なりましたが、

「リアルな現場でしか手に入らないものもある」

これは確かなことです。


直接足を運んで体験したこと、

ライブで感じ得たこと。

リアルな現場で体感したこと。


「現場での体験」は、
あなたに深く刻み込むことができます。

腑に落とすことができます。




太る努力に疲れてきた。

筋トレする意味が見い出せなくなってきた。


そんなときは、
ジムへ行き、そこに居合わせた人をさりげなく観察してみてください。

名前も知らない誰かがあなたに、
「筋トレする意味」を教えてくれるかもしれません。


最後まで読んでいただきありがとう。


stockfoto_215757_S



筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク