「『ながら食い』をやめれば増量につながる」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


前回、「インターバル中のスマホ」について触れました。


いたるところで「ながらスマホ」が目につく昨今。

食事しながらスマホをいじっている人もよく見かけます。

240_F_81209133_qtCb1ZoXPpnjXqDuMNpiNhIIh7lcAQDr

ながら食いを避けたほうがいい理由


増量においては、
「食事しながらのスマホ」もNGとなります。


スマホだけではありません。

テレビを観ながら、会話しながら…

「ながら食い」はできるだけ避けること。



ながら食いを避けたほうがいい理由は2つ。


1、よく噛まなくなる

何かに気を取られながら食事すると、
必然的に噛むことが疎かになります。

噛む回数が少なくなれば唾液の分泌量が落ち、消化酵素の量も落ちます。


2、摂取カロリーが落ち込む

ながら食いしてると、どうしても食べるスピードが遅くなります。

気づいたときには満腹中枢が働いてお腹いっぱい
「大して量も摂れなかった」という状態になりやすい。


したがって、
食事のときは食事だけに集中すること。

他のことはしない。


食事に集中すれば、


・よく噛む

・摂取カロリーの最大化


これら増量における「2大要素」が両立されます。


人間は一つのことにしか集中できない


ここで、
「テレビはBGM代わりだからいいんじゃない?」
と思われるかもしれません。


「テレビの場合はニュースや天気予報など、
自然と耳に入ってくる感じだから、大して食事に影響しないのではないか?」
という意見。


しかし、BGMだとしでも、
流れてくる内容によっては、集中をもっていかれてしまうのではないでしょうか。


興味深いテーマ、
考えさせられる話題、
びっくり仰天なニュース、

こういったものがテレビで流されると、たちまち食事は上の空になります。


噛むことが疎かになる。

食べるスピードも遅くなり、摂取カロリーも落ち込む。



人間は一応、2つ以上のことを同時にこなすことはできます。


食事しながらテレビを観る、

音楽を聴きながら筋トレする、

歩きながらスマホをいじる、


2つ以上のことを同時にこなすことはできますが、

2つ以上「集中すること」は不可能です。


マルチタスクは可能でも、
マルチフォーカスは不可能です。


どんなに感知能力に優れた人でも、
歩きスマホしていれば、注意力は散漫になるものです。


ですので、集中の対象を一つ…
食事だけにに絞ったほうが、
よほど効果的な時間の使い方ができるようになります。



また、最初のほうで、

「会話しながらの食事も避けるように」と言いました。


「えー、食事は楽しく会話しながらするものだろ?」

という声も出てくるかもしれません。


でもそれって、
「一般的な食卓において」の話ですよね。


今回の話はあくまで、
「増量に最適な食事について」です。


それに「会話しながらの食事」が、
一般的な食卓においても、必ずしも正しいとは言えません。

禅の教えの中に、
「食事の時間は食べることに集中せよ」
というものもありますから。


食事の時は食事だけに集中する。

筋トレするときは筋トレだけに集中する。

LINEするときはLINEすることだけに集中する。


同時に別のことをしない、

「今そのときやっていることに集中する」


禅の教えでもあるこのあり方は、
かのスティーブ・ジョブズも取り入れていた「マインドフルネス」そのものです。


実は私も、少し前までは、
PCのYouTubeを観ながら食事を摂っていました。

しかし、この集中法を取り入れるようになって以来、
「一つ一つ行ったほうが効率が良くなる、段取りがスムーズになる」
ということに気づきました。


目の前の食事に一点集中せよ


これまで人類は「効率の良さ」を求めて発展を遂げてきました。

物事を「同時にこなすこと」で進化を遂げてきました。


洗濯機で洗濯物を洗いながら料理する。

その料理をしながらラジオを聴いたり、
テレビをチラチラ観たりする。


ウォークマンやiPodなどを用いて、
歩きながら音楽を聴く。


マルチタスクが可能になった、

格段に生活が便利になった、


生活が快適になったのは良いのですが、
その一方で、「今ここに集中する」というあり方が疎かにされてきたようにも思えます。


今ここに集中する。

今そのときの食事に集中する。


このシンプルなあり方を実践すれば、
食事の時間が濃密になります。


よく噛むようになり、消化吸収力を上げることができる。

摂取カロリーを最大化させることもできるようになる。


結果、増量につなげることができます。


次、一人で食事する機会にはぜひ、

スマホやPCの電源をオフにし、
テレビのスイッチを消し、

目の前の食事に没頭してみてください。


最後まで読んでいただきありがとう。



筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村

スポンサードリンク