「『ゆるすこと』で免疫力が上がり、風邪を引きにくくなる」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

日ごろから気を付けていても…


GWに入る前、風邪を引いてしまいました。


「トレーニーは活性酸素(毒性のある物質)を多く取り込むため、風邪を引きやすい傾向にある」
と言われています。


私も以前(10年ほど前)は、
2か月に1回くらいのペースで風邪を引いていました。


風邪を引くと、数日はダルさの中で過ごさなければならなくなります。

トレーニングはできなくなるし、仕事にも影響する。

今までの流れ、勢いがせき止められ、活力が下がる。


だから私も風邪予防に関しては、人一倍気を配るようになり、

・体を冷やさない
・腸内環境に気を配った食生活を送る

などの対策を立て、最近は以前に比べ引くことは少なくなったのですが…


man-young-male-adult-sleeping-deep-sleep



今回もダルさの中、2,3日部屋にこもって過ごしていました。

ずっと寝っ転がっているのも辛いので、
時々起き上がっては本を読んだり、YouTubeを観たり。


ゆるしと免疫力


そこで、本棚にある一冊の本が目に留まりました。


ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
サンマーク出版
2006-06-01




この本をパラパラめくっていると、
次のような一節が。


「ゆるすことで免疫力が高まる」



ゆるすことで免疫力が高まる…

逆に言うと、
ゆるさなければ免疫力が落ちる、

ゆるさなければ風邪を引きやすくなる。


これは私も経験上、うなづけます。


兄弟ゲンカ、彼女との別れ話のもつれ、職場でのいざこざ…

以前、誰かと揉め事を起こした後など、
よく風邪を引いていました。


要は、「ゆるさない態度が自律神経のバランスを崩す
→腸内環境が悪化する→免疫力が落ちる→ウィルスに感染しやすくなる」

という意味合い。


いつまでも否定的な思いを引きずっていると、風邪などの症状として表れてくるんですよね。



「筋トレ 風邪予防」で検索すると、
多くのサイトや動画では、
「グルタミンがお勧め」と出てきます。


もちろん、グルタミンも風邪予防には有効でしょう。


でしょうが、
あなたの内面に目を向けることも、風邪予防には効果的です。


他人を、出来事を、
そして自分を、

ゆるすことで免疫力が上がります。


ゆるすことで風邪を引きにくくなり、
あなたのコンディショニングにも一役買ってくれることでしょう。


最後まで読んでいただきありがとう。



筋力トレーニング ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサードリンク