マシンだけのトレーニングでも筋肥大するが、
フリーウェイトを取り入れた場合と比べ、成長速度は遅いといえる。


40c98f36ecbaff5e77aeb4cffcd9f707
出典:町田市立総合体育館



今日は初歩的な話をしていきます。


こんな質問があります。

「チェストプレスマシン、バタフライマシンだけで大胸筋を筋肥大することはできますか?

ジムには一応ベンチプレスのような器具はあるのですが、ベンチプレスはやったことがなくて潰れるのではないかと心配です。

また、あの場所(フリーウェイトゾーン)はマッチョばかりがいて敷居が高いように感じます。

そのためできればマシンだけで筋肉をつけていきたいと考えています」


フリーウェイトを使ったほうがより可能性が広がる


マシンだけで筋肥大…


ある程度のレベルまでなら可能です。


可能は可能ですが、
フリーウェイトを扱う人との差は、徐々に開いていくでしょう。


よく言われることですが、
マシンは軌道が決まっているため、
その軌道に即した筋肉しか使われません。


もちろん、それはそれでメリットとも呼べるのですが、

マシンのチェストプレスで使われる筋肉は、
大胸筋、三角筋、上腕三頭筋。
基本的にこの3つ。


その点バーベル・ベンチプレスで使われる筋肉は、
上記の3つの筋肉以外でも、上半身のさまざまな筋肉が稼働します。

バーベルを支えるために補助筋群が多く使われるようになる。

踏ん張るために下半身の筋肉も多少は稼働します。


フリーウェイトを取り入れることの利点は、なんといっても、

 『使われる筋肉が多くなる』


たくさんの筋肉が使われるために、
同化ホルモンも分泌されやすくなると考えられます。


バーベルやダンベルを使ってトレーニングすれば、
テストステロンのような筋量アップホルモンを味方につけることができるんですよね。


モチベーションを維持する上でも


また、マシンだけでバルクアップしたい…
といったってゴールドジムは別として、
スポーツクラブや24時間ジムに置いてある胸を鍛えるマシンなんて、チェストプレス、バタフライマシン、せいぜいこの2つくらいじゃないですか?


筋トレを長く続けることを考えたら、
種目が2つしかないとなると、飽きがくるのではないでしょうか?


その点、フリーウェイトは種目も多彩。

同じ種目でも角度、グリップ幅等々、
アレンジも多様に行えます。、

まさにフリー(自由自在)。

飽きがきにくい。

長期的なモチベーション維持の観点でも有効といえます。



ウェイトトレーニング初体験の人が、コナミやセントラル、ティップネスといったスポーツクラブに入会すると、
まずスタッフから、「マシンを使ってトレーニングするように」教えられます。


その後クラブに何か月か通って、
慣れてきたからといって、スタッフが「そろそろフリーウェイトをやってみますか?」ということはまずないです。


自分からフリーウェイトに興味を示し踏み込んでいかないと、その後もずっとマシントレのまま、とみていいです。


入会してしばらくは、スタッフの指示通りマシンだけで慣らすのもかまいませんが、
本気で筋肥大を目指すなら、徐々にでもフリーウェイトに目を向けていきましょう。



まとめ


マシンだけのトレーニングでも筋肥大は可能。
しかし、フリーウェイトを扱っている人に比べ、成長スピードは遅くなる。

フリーウェイトを扱えば、よりたくさんの筋肉が使われる。
そのため、同化ホルモンも多く分泌されやすくなる。

種目も無数にあるため飽きがこない。
モチベーション維持にも役立つ。



【関連記事】
「フリーウェイトゾーンに入りづらい?」

スポンサードリンク